インプランテーションディップって?いつ?着床に関係が?

妊活

生理予定日が近付くと、スマートフォンの検索履歴が妊娠兆候で埋まるのはきっとわたしだけではないはず!

妊活アルアルですよね。

わたしは毎回、生理予定日の一週間ほど前から様々な体調を検索し、最終的に下腹部に定着しているお肉に向かって「頑張れ!くっついててね!」などと話しかけるところまでいきます・・・。

さて、本日はそんな妊娠兆候の一つであるインプランテーションディップについてご紹介していきます。

インプランテーションディップとは?

インプランテーションディップという言葉をご存知でしょうか?

あまりこの言葉に聞き覚えのない方も多いと思いますが、妊娠兆候の一つと言われています。

「インプランテーション」は和訳すると着床、「ディップ」は低下です。

つまりインプランテーションディップとは、着床時の基礎体温の一時的な低下を示しています。

 

基礎体温は排卵すると高温期に入り、妊娠した場合はそのまま体温が下がらないのではないか?と思いますよね。

ほとんどの方がそうなのですが、妊娠した女性の約2割の方にこのインプランテーションディップが計測されたといわれています。

<スポンサーリンク>

インプランテーションディップはいつ起こる?

では、インプランテーションディップはいつ起こるのでしょうか。

まず、基礎体温は月経が始まると約2週間体温が下がり、低温期になります。

その後、排卵すると体温が上昇し、次の月経までの約2週間が高温期になります。

2週間経っても高温期が続き、そのまま月経にならなければ妊娠の可能性があるため、妊活中は高温期中の体温変化はドキドキしますよね。

 

高温期中に体温がガクッと下がろうもんなら、「え?!うそ!!」とちょっと焦ってしまいますよね。
妊娠できてなかったてこと?なんて思ってしまうかもしれません。

実はインプランテーションディップはこの高温期の最中に起こるんです。

 

インプランテーションディップは、受精卵が子宮内膜に着床する頃に起こるので、高温期の7〜10日頃だといわれています。

期間としては1〜2日程度で、体温変化は約0.17度の低下です。

3日以上基礎体温が下がっている場合は低温期に入ったと考えられるようです。

 

高温期中に体温が下がっても妊娠の可能性はありますし、さらには妊娠の兆候かもしれないことがわかりました。

では、高温期中に体温が1〜2度、1〜2日だけ下がった場合、それは妊娠していると考えてもいいのでしょうか?!

そもそも基礎体温って?
ただ体温を測るだけじゃないの?
基礎体温の測り方★基礎体温を測るためのオススメの体温計

予測検温はなんと10秒!
2度寝する暇もないですね!
スマートフォンのアプリなどでグラフが確認できる!
しかもBluetoothで楽々データ転送!

インプランテーションディップは妊娠の証?!

インプランテーションディップが計測された場合、確実に妊娠しているということでしょうか。

 

残念ながらそうではありません。

 

インプランテーションディップ自体は医学的に証明されているものではなく、妊娠された方全てに該当することではありません。

また、基礎体温はその時の体調や気温によっても変化しやすいものです。

夜遅くまで起きていた翌日や、飲酒をした翌日などは起床時間がずれることも多いですよね。

その他さまざまな要因によって基礎体温が低く計測されることはよくあります。

わたしがよくしてしまう、体温計を咥えたまま二度寝をする行為でも基礎体温が低く計測されます・・・。

高温期中に1〜2日基礎体温が下がったとしても、必ずしも妊娠しているとは限りませんので、期待しすぎないようにしましょう!

 

それでも、高温期中は妊娠しているのでは?と、いろいろな症状を探し、そわそわしてしまいますよね。

インプランテーションディップ以外にも妊娠しているかどうかの目安になる症状はあるのでしょうか。

高温期に起こる症状は?

高温期中に起こる可能性がある妊娠初期症状がいくつかあります。

個人差が大きいため一概にはいえませんので、参考程度にご覧いただければと思います。

・着床痛
着床痛ってどこが痛むの?いつ?どのように?期間は?

・着床出血
着床出血はいつ?色や量は?生理との違いは?

・おりものの変化

・下腹部痛

・腰痛

・頭痛

・食欲の減少または増加

・眠気が増す

・便秘がちになり、おならが出やすい

・胸が張る

・イライラしたり、気分が落ち込む

・吐き気

などなど、たくさんの症状があります。
女性の体って不思議ですね。

このような症状がある方もいれば、全くない方もいますので、あまり気にしすぎずにお過ごしくださいね。

<スポンサーリンク>

まとめ

高温期に気になる妊娠兆候の一つ、インプランテーションディップについてご紹介してきました。

それでは本日のまとめです!

・インプランテーションディップとは、着床時に基礎体温が下がる現象。
・高温期7〜10日目頃に起こることが多い。
・期間は1〜2日程度で、体温変化は約0.17度の低下。
・妊娠をされた方の約2割に計測されるといわれているが、医学的には証明されていない。
・基礎体温は体調や気温などによって変化しやすいため、高温期中に短期間体温が下がった場合でもインプランテーションディップではないことも多い。

 

妊活中は期待したり、落ち込んだりの連続ですよね。

考えすぎない方がいいとわかってはいるものの、一生懸命頑張っていることを考えないってとても難しいことだと思います。

考えることをやめられない時は、もう思いっきり考えましょう!

そして、だめだった時には思いっきりご自身を甘やかしましょう!

どうか、既にたくさん頑張っているご自身を労り、ハッピーなお気持ちで過ごしてくださいね。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました