女の子産み分け方法!タイミングはいつ?おすすめピンクゼリーは?

妊活

女の子が産まれたら可愛い服を着せたり、一緒に料理をしたり、ピアノを習わせたり。

色々想像していると、「女の子が欲しい!」なんて言う気持ちが強くなっていくのでは?

女の子産み分け方法を実践してみれば、あなたのこんな想像が実現できるかも知れません。

 

産み分けについては、以前こちらの記事で書きました。
今日は女の子の産み分けについて、より詳しく書いていきますね。

 

産み分けの基本は何か?
女の子産み分けのセックスはどんなものか?
女の子産み分け用のピンクゼリーはどんなものか?
酢を飲むと女の子が産まれやすいか?

など、女の子産み分けに関する疑問をまとめてみました。

女の子を望んでいる方は、ぜひ読んで実践してみてくださいね。

 

この記事はトータル妊活歴約5年(更新中)の妊活中の30代主婦が書いています。
専門家ではありませんのでご了承ください。
妊活中はいろいろなことが気になって仕方ないですよね。

わたしもいろいろ調べてしまうたちなので、自分のため、そして妊活中の同志のため、
このブログにまとめることにしました。
わたしの意見を押し付けるつもりはありません。
リラックスして読んでくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。

女の子産み分け方法!タイミングはいつ?おすすめピンクゼリーは?

この記事では女の子の産み分けについて見ていきますが、はじめに注意事項を申し上げておきます。

産み分けをすると、多少妊娠率が下がると言われています。
なので、不妊症の方や、高齢で妊娠を希望する方には向かないとされています。

また、成功率に「100%」はないことをご留意ください。

ご夫婦で相談して、決められてくださいね。

では早速、見ていきましょう。

産み分けの基本!

産み分けの基本として知っておきたいのが、女の子の妊娠に関わるX精子のこと。

卵子(X染色体)がX精子と受精することができれば、女の子を妊娠することができます。

 

そこで、卵子とX精子を受精させるポイントとなるのが、

2~3日生存する
動きがゆっくり
酸性に強い

など、X精子が持っている特徴です。

この特徴を上手く生かして妊活すれば、女の子を妊娠する確率を増やすことができます。

 

具体的に何をすれば良いかと言うと、

・膣内を酸性に傾ける努力
・ベストなタイミングで仲良し

など、医学的な効果も認められている方法です。

100%を保証する方法ではないのですが、成功率を上げるためには効果的!
女の子を妊娠したい方は、実際に取り組んでみることをおすすめします。

 

女の子産み分けでまず実践してみたいのが、ベストなタイミングでの仲良しです。

女性の膣内の酸性度は排卵日前後に変化するので、仲良しのタイミングがX精子の生存に大きく関わってきます。

今度は、女の子産み分けセックスはどんなものか、見ていきましょう。

女の子産み分けセックスはどんなもの?

女の子産み分けセックスでもっとも重要なのが、タイミングを取る時期です。
仲良しのタイミングを考えるのに、分かりやすい基準となるのが「排卵日」。

 

排卵日を基準にして、あまりに早い時期にタイミングを取っても、妊娠確率そのものが下がってしまう可能性が!

だからと言って、遅すぎる時期の仲良しでも、今度は男の子の妊娠確率が上がってしまいますよね。

 

女の子産み分けセックスのベストタイミングは、「排卵日2日前」なんです。

 

この時期であれば、

・膣内が酸性でX精子が生き残りやすい
・卵子寿命が尽きる前にX精子を届けられる

など、X精子にとって良い条件をクリアできます。

 

ちなみに、卵子の寿命は1日、X精子の寿命は2~3日、Y精子の寿命は1日。
排卵日2日前の仲良しなら、排卵日までに寿命が尽きたY精子が多くなります。

その代わりに生き残っているX精子が多いので、X精子と卵子が受精しやすく女の子を妊娠しやすくなります。

 

実は、まだあまり広く知られていないかもしれませんが、O+12法という産み分け法もあるんです。
こちらもセックスするタイミングによって産み分けするというものです。
ただし、排卵日2〜3日前ではありません。

一体いつだと思いますか?
O+12法で産み分け?!O+12法とは?やり方は?

 

また、セックスの内容でいくと、「あっさり浅め」が良いようです。

男性は週に一回程度は射精しておく
浅めに挿入し、浅めに射精する
行為中の女性は感じないように

 

タイミング法は医療機関でも指導している方法ですが、残念ながら100%を保証する方法ではありません。

「できる限りの方法を実践したい!」と言う方は、女の子産み分けのピンクゼリーを使ってみるのもおすすめです。

次に、女の子産み分けのピンクゼリーについて、効果や使い方を見ていきましょう。

<スポンサーリンク>

女の子産み分けにはピンクゼリー!

女の子産み分けで比較的手軽に実践しやすいのが、「産み分けゼリー」。

女の子用、男の子用があり、女の子を望む場合に使われるのは「ピンクゼリー」です。

 

ピンクゼリーには酸性度を維持する成分が含まれていて、X精子を生存しやすい膣内環境へと導いてくれます。

女の子の妊娠確率を最大限にアップするために、タイミング法と併用している方も多いです。

 

ピンクゼリーの使い方は、

①先端のキャップを外す
②容器の先端を5㎝ほど膣内に挿入
③ノズルを押してゼリーを注入

だけで、簡単に使えるようになっています。

タイミングの前に袋から取り出して使えば良いので、事前準備も特に必要ありません。

 

体内に注入しますし、デリケートな部分ですので、安全性にはこだわりたいですよね。
こちらは国内の天然成分使用で敏感肌の方も安心!ゼリーはもちろん、容器や外箱まで日本製というこだわりよう。
ISO9001認定工場で作られており、ひとつひとつ個包装、さらに全成分公開!
信頼を得るための努力がすごい!購入後に妊娠し余った場合には「おめでた返金キャンペーン」というものもあるそうですよ!私がここでいうより、わかりやすい公式ページに情報が盛りだくさんなので、まずは一度見てみてください♪
↓ ↓ ↓ ↓
妊活中のご夫婦に選ばれる100%天然成分【ベイビーサポート】

 

膣内を酸性に保てば女の子を妊娠しやすいなら、酸性の食べ物も何となく効果がありそうな感じがしませんか。

酸性の食べ物と言えば例えば「酢」があるのですが、実際に「酢を飲むと女の子が生まれる」と言う噂もあるくらいです。

では、酢を飲むと女の子が生まれると言う噂が本当なのか、見ていきましょう。

酢を飲むと女の子が生まれる?

酢を飲むと女の子が生まれる説は、残念ながら噂レベルのもので根拠はありません。

専門家に言わせると、「人の体には酸性度を調整する機能があるから、食べ物で酸性度を子調整するのは不可能。」のだとか。

 

でも、「酢を飲んだら女の子が生まれた!」なんて言うママさんがいることも確か。

もちろんたまたまの可能性もあるかもしれませんけどね。
専門家でも分からない食べ物の力も、もしかしたらあるかも知れませんよ。

願かけくらいのつもりで、試してみる分には悪くないのでは?

 

酢ばかりを飲むより、酸性の色々な食べ物を取り入れてみるのもおすすめです。

肉や乳製品、卵などの動物性タンパク質
米やうどん、じゃがいもなどの炭水化物
魚介類

肝心な妊娠確率を下げないためにも、特定の食品に偏らずバランスの良い食事を意識してくださいね。

<スポンサーリンク>

まとめ

女の子産み分けでポイントとなっているのが、「膣内の酸性度」です。
女の子の妊娠に関係するX精子は酸性に強く、2~3日で寿命が尽きてしまいます。

膣内の酸性度とX精子の特徴を生かすなら、

排卵日2日前に仲良し
ピンクゼリーで膣内を酸性に近づける
酢や他の酸性の食べ物を取り入れる

などの方法があります。

どの方法も100%を保証するものではないのですが、女の子の妊娠確率を上げることは可能です。

あまり頑張りすぎず、適度に効果を期待するくらいが丁度いいのかも知れませんね。

 

 

妊娠率を上げたい!という方にはこちらがおすすめ!
せっかくだったら効率よくタイミング取りたいですよね!
当ブログ人気No.1の記事です!

妊活中のタイミングは353の法則で!そもそも353って?
腸内環境が妊活にも影響するって知っていましたか?!
妊活と腸活、腸内環境を改善したら妊娠しやすくなる?!
日々の疲れなどで頻繁にタイミングを取るのが難しい方にオススメの妊活方法です。
タイミング法と並行して行われるといいと思います♪
シリンジ法で妊娠?!やり方やコツは?キットがあるの?
<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました