妊活には温活を!どんな効果がある?何をすれば良い?!【2】

妊活

さて、前回は温活の必要性や温活の効果など、いろいろ詰め込んだら中々のボリュームになってしまいまして・・・

第1弾はこちらです★
今回は第2弾として、続きを書いていきますね。
どうぞお付き合いください。

冷えは不妊の原因になる可能性もあるというお話でしたね。
体の血流が悪いと、子宮や卵巣などへも血液が回りづらく、働きも悪くなってしまう。
そこで温活をすれば、血流改善!
自律神経も整う!
妊活の大敵、ストレスも軽減!

妊活には良いことづくめ☆です。

具体的な温活方法としては、
お風呂にしっかりつかって温める。
腹巻やレッグウォーマーで温める。
締め付ける服や下着は控える。

というところまでお伝えしました。

今回テーマは、体の内側から温めるということです。

妊活中の温活はどんなことをすればいい?

冷たい食べ物や飲み物も体を冷やします。
ちょっとした意識で変えられることもあるので、まずは知識として知ってくださいね。

「飲み物に気をつける」

冷蔵庫から出してすぐの冷たい飲み物、氷の入った冷たい飲み物、夏は特に求めてしまいがちではないでしょうか?
温活的には、体温以上のものを摂るのが効果的です。
せめて、常温のお水にしてみましょう。

もちろん温度だけの問題ではありません。
カフェインは体を冷やします。
ジュースなどにたくさん含まれる砂糖も体を冷やします。
牛乳豆乳なども体を冷やします。

普段何気なく飲んでいませんか?
私は。。。飲んでいました(汗

私は、コーヒーが好きで良く飲んでいました!


というか、習慣になって「毎食後には必ずコーヒー」の生活でした。
1日3〜5杯くらい飲んでいたかもしれません・・・!

それを今では、1日1杯までにしています。
その代わりと言っては何ですが、ノンカフェインコーヒーも1日1杯飲んでいます。

ノンカフェインだからと言っていくらでも飲んで良いわけではないので注意が必要です
水以外のものは、体内で消化する作業が必要になり、余計なエネルギーを浪費してしまいます

また、カフェインは入っていなくてもタンニンは入っていたりするのですが・・・
このタンニンが大事な栄養素の吸収を妨げてしまういうのです

温活とは少し違いますが、このあたりのお話はまた改めて書きたいです

コーヒーがないと食事が終わった気がしなくて、コーヒーが生活に染み付いていた私でも、意識することで少しずつ減らしていくことが出来ました。

ジュースは普段の生活では飲まなくなりました。
誕生日会や、外食の際は1杯程度OKにしています。

全く飲んではいけないということではなく、飲み過ぎに注意し、意識することが大切だと思っています。

では、何を飲めば良いのでしょう?

<スポンサーリンク>

温活的オススメ飲み物は?

白湯(さゆ)

お水を沸かすだけなのですが、やかん(鍋)にお水を入れて10〜15分ほど沸かし続けたものを、50度前後まで冷まします。
(沸かし続けている間に蒸発して量が減るので、少し多めに沸かしましょう)

火にかけてじっくり沸かすのがいいですが、時間がない方や少し楽したい方は電気ケトルでもいいと思います!

何度も作るのは面倒なので、保温ポットに入れて、飲みたいときに飲めるようにするのが便利ですよ!
お仕事やお出かけする際は、保温もできる水筒に入れて持ち歩くこともあります。

夏場は熱中症に注意してくださいね。
暑い屋外では常温のお水にした方がいいかもしれませんね。
私は屋内のエアコンですぐに寒くなるので、その日の予定によって中身を変えています。

また飲み方もあり、ゴクゴク一気に飲むのではなく、少しずつ飲みます。
朝一番の飲むのがいいとされています。
その他は、いつ飲んでもいいのですが、食後30分間だけは消化に影響するので避けてください。

発酵茶

発酵茶には体を温める効果があります。
例えば、紅茶ウーロン茶プーアール茶があります。
カフェインが含まれているものもあるので、やはりそれだけをガブガブ飲むのはオススメできません。
ホッと一息ついてリラックスする時なんかにいいのではないでしょうか。

ノンカフェイン

コーヒーや紅茶ををノンカフェインのものに変えてみるのも良いでしょう。
その他、ノンカフェインの飲み物としては、最近人気のルイボスティーがありますね。
たんぽぽ茶ごぼう茶黒豆茶玄米茶ほうじ茶などもそうです。
生姜湯や甘酒もいいですね。
白湯だけでは飽きてしまう場合など、他にも少し取り入れるといいですね。

ココア


ココアも体を温めます。
でも砂糖や牛乳は温活的にはあまり良くないので、無糖の純ココアがいいですね。
でもこの純ココア・・・
甘くないから、好みにもよりますがあんまり美味しくない・・・(/ _ ; )

なので、白砂糖ではなく、てんさい糖やオリゴ糖、はちみつなどで甘さを足してあげるといいですよ♪
流石にお湯だけでは薄くて物足りないので、牛乳や豆乳も適宜使っています。
お好みの味を見つけてみてくださいね。

<スポンサーリンク>

あ、あれ?
何だか今回もお腹いっぱいのボリュームになってしまいましたね(汗
今日は飲み物のことしか書けていない・・・!
これから食べ物編に入る予定でしたが、【3】に続きます。

この【3】で完結です。
完結させます!

その前に、今回の飲み物編のおさらいだけしておきますね。

まとめ

・冷たい飲み物、体を冷やす飲み物ばかり飲みすぎないよう意識する。

・断トツでオススメなのは白湯。

・朝一の白湯は特に効果的です。

・体を温める発酵茶や純ココアもオススメです。

・ノンカフェインのルイボスティーや生姜湯、甘酒もいいですね♪

少し意識するだけで冷える原因を少しずつ取り除けます。
無理せず少しずつ、試してみませんか?

続きは↓こちらに書きました。
本当に完結しているので、ご安心してお進みください!笑

妊活には温活を!どんな効果がある?何をすれば良い?!【3】

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました