妊活中のコロナワクチン摂取しても大丈夫?避妊必須?副反応は?

妊活

妊娠中のコロナ感染が心配で、妊活を控えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、今妊活を控えてしまうと、加齢による今後の妊娠力低下も心配になるもの。

「できることなら今すぐにでも、安心して妊活に取り組みたい!」

 

こんなあなたのために、今回の記事では、

妊娠中はコロナのワクチン接種は問題ないか?
妊活中のコロナワクチンは接種しても大丈夫か?
コロナワクチンはいつから打てるようになるのか?副反応の心配はどうか?
コロナにかからないためにできることは何か?

など、妊活中のコロナワクチンについての疑問にお答えします。

 

この記事はトータル妊活歴約5年(更新中)の妊活中の30代主婦が書いています。
専門家ではありませんのでご了承ください。
妊活中はいろいろなことが気になって仕方ないですよね。

わたしもいろいろ調べてしまうたちなので、自分のため、そして妊活中の同志のため、
このブログにまとめることにしました。
わたしの意見を押し付けるつもりはありません。
リラックスして読んでくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。

 

妊活中のコロナワクチン摂取しても大丈夫?

医療従事者の方や、老人施設の方など、ワクチン接種の優先度が高い方は、もうすでに接種の意思を確認されているようですね。

ワクチン開発から接種までの期間も短いですし、副反応も気になりますよね。

妊活中の方は、そちらへの影響の有無も気になるところ。

まずは、妊娠中の方はどうなのか?からみていきますね。

妊娠中はコロナのワクチン接種しても大丈夫?

厚生労働省は、「妊婦へは積極的にはすすめない」としています。

医師によって考え方が違ってくる場合はありますが、多くの医師は妊娠中はコロナのワクチンを接種しない方がいいとおっしゃっています。

その理由を、コロナワクチンの安全性と合わせて説明しましょう。

 

まず、現時点で開発が進められているコロナワクチンが、

⑴ウイルスやその一部を病原性を無くした状態で接種するタイプ
⑵ウイルスの遺伝情報の一部を接種するタイプ

の2種類で、どちらも免疫力を強化する効果が期待できます。

 

中でも⑵のタイプはウイルスそのものではなく、抗体を作るための成分を接種するだけなので、比較的安全性が高いとされています。

 

ただし、現時点では妊婦さん、並びに胎児・生まれた赤ちゃんに対する安全性や有効性が保証されておらず、妊婦さんは臨床試験の対象外になっています。

厚生労働省が積極的にすすめていない以上は、妊娠中のコロナワクチンの接種は止めておくのが良いかもしれません。

 

もちろん、接種しないことのリスクもあるので、そこは医師、ご夫婦でしっかり話し合われた方が良さそうですね。
今アメリカでは妊婦さんがワクチンを接種し、その後の追跡する研究も進んでいます。
そちらの結果も今後の私たちの参考になりそうですね。

 

妊娠中のコロナワクチンの安全性や有効性がはっきりしないなら、妊活中にワクチンを接種しておけば良いのでは?

こんなふうに考えて、コロナワクチンを接種できるようになるのを待っている方も多いでしょう。

ただ、妊活中は妊娠していなくても、「いつ妊娠するか分からない状態」であることに注意が必要ですよね。

今度は、妊活中のコロナワクチンは接種しても大丈夫か、説明しましょう。

<スポンサーリンク>

妊活中のコロナワクチンは接種しても大丈夫?

コロナワクチンは生ワクチンではないので、妊活中に摂取しても問題ないとされています。

むしろ、日本産婦人科感染症学会では、「できるだけ妊娠する前に接種しておくこと」が推奨されています。

ただし、妊活中にコロナワクチンを接種した場合、念のため数ヶ月は避妊するよう医師に指導されることが多いようです。

 

コロナワクチンの臨床試験では妊婦さんが対象外となっているので、妊婦さんや妊活中の女性に関するデータはほとんどなし。

あるとしたら、妊娠初期で妊娠が発覚する前に、

モデルナ社:6人
ファイザー社:11人

が、コロナワクチンを接種してしまったデータくらい。

 

この中で流産や妊娠中の異常が確認された方はいないのですが、出産時のデータがまだありません。

妊活中の方はいつ妊娠するか分からない状態なので、コロナワクチンを摂取した場合は、万一のことを考慮して数ヶ月は避妊した方が良いでしょう。

 

コロナは妊娠中にかかってしまうと重症化しやすいかもしれない上に、お腹の中の赤ちゃんへの影響も心配ですよね。

コロナワクチンの妊娠中・妊活中の安全性がはっきりしないなら、妊活前に接種しておきたいと言う方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、妊活前に接種したくても、コロナワクチンは気軽に受けられるものではなさそうですし、副反応も気になりますよね。

次に、コロナワクチンはいつから打てるようになるのか、副反応はどうなのか、見ていきましょう。

コロナワクチンはいつから打てるようになる?副反応は?

日本でのコロナワクチンの接種は、いよいよ2021年2月下旬からスタートします。
公費で受けられるため、コロナワクチンを接種するための費用は無料。

 

コロナワクチンには優先順位のスケジュールがあって、1月中旬時点では

⑴2月下旬~:医療従事者
⑵3月下旬~:高齢者(令和3年度中に65歳になる昭和32年4月1日以前に生まれた人)
⑶4月~:高齢者以外で基礎疾患のある人、高齢者施設の職員
⑷5月~:それ以外の一般の方

となっていました。

 

但し、現時点では2月中旬に医療従事者の接種が始められるよう、準備を整えているようで、⑵の高齢者の接種は早くても4月1日以降になるとのこと。

自治体によっては上記のスケジュールよりも、1ヶ月以上も接種開始が遅れるところもあるようです。

 

ちなみに、現時点で確保できると思われるワクチンは、2回接種になるとの情報もあります。

開発されたばかりのワクチンを1回打つだけでも不安なのに、2回接種となるとますます不安になりませんか。

 

今のところ、海外で報告されている副反応には、

接種部位の痛み
頭痛や倦怠感、筋肉痛
疼痛や寒気、熱感

などがあり、1回目より2回目接種の方が副反応の発現率が高いようです。

 

ごく稀ですが、アナフィラキシー(急性アレルギー反応)の報告もあります。

コロナワクチンは気軽に受けられるものではないですし、副反応のリスクもあるとなると接種を悩んでしまうかもしれません。
しかしながら、ワクチンというものはコロナに限らず、どのワクチンでも稀にアナフィラキシーなどあるのが現実ですよね。。

 

私の周りには、「安全性が分からないから接種しない!」と決めている人もいます。

どういう理由であれ、コロナワクチンを受けない選択をするなら、やはりコロナの予防対策をしっかりしなくてはいけませんよね。

最後に、コロナにかからないために何ができるか、紹介しましょう。

コロナにかからないためにできることは?

コロナ予防のためにできることは、基本的には風邪予防のための対策と同じです。

もう皆さんご存知かと思いますが、このようなものがありますね。

生活リズムを整える
栄養バランスの良い食事をする
適度な運動を習慣にする
外出する時はマスクを着用する
外出したら手洗い・うがい・消毒を徹底する
できるだけ人の多い場所は避ける

 

家庭内感染も増えているので、家族にもマスクの着用や手洗い・うがい・消毒を徹底してもらうことも必須です。

 

マスクは、やはり不織布の使い捨てマスクがダントツでウイルスを防いでくれるそうですね。
最近は不織布マスクの種類も随分増えましたよね!

↓こんな、いろいろなカラーや・・・

↓なんとチェックまで!

残念ながら100%の予防法はないのですが、せめて最大限の対策を徹底して少しでも予防効果を高めましょう。

 

▼参考資料

日本生殖医学会(2021.1.18)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する日本生殖医学会からの通知 ~海外の動向について~

日本産婦人科感染症学会(2021.1.27)
COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ

<スポンサーリンク>

まとめ

妊娠中・妊活中のコロナワクチンの接種は、残念ながら安全性が保証されていません。

ワクチンを「接種するリスク」「接種しないリスク」どちらもあります。
医師やご家族と話し合って決めましょう。

妊活中の方は、避妊期間はもどかしいですが、「妊娠前に接種する」のもひとつの選択肢として考えられてもいいかもしれませんね。
海外で報告されている副反応もあるので、「受けない選択をしたい!」と言う方もいるかも知れませんね。

こんな方は通常以上に、マスクの着用や手洗い・うがい・消毒などの対策を徹底しましょう。

あなたが気を付けていても家族感染の心配もあるので、家族の対策も忘れないようにしてくださいね。

 

 

せっかくだったら効率よくタイミング取りたいですよね!
当ブログ人気No.1の記事です!

妊活中のタイミングは353の法則で!そもそも353って?
腸内環境が妊活にも影響するって知っていましたか?!
妊活と腸活、腸内環境を改善したら妊娠しやすくなる?!
日々の疲れなどで頻繁にタイミングを取るのが難しい方にオススメの妊活方法です。
タイミング法と並行して行われるといいと思います♪
シリンジ法で妊娠?!やり方やコツは?キットがあるの?
<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました