妊活男性が気をつけたいこと。精子の質をあげよう!

妊活

妊活って?何から始めたらいい?赤ちゃんを意識しはじめた方へ

妊娠できない原因は女性にあると、なんとなく決めつけられている印象はないでしょうか?

妊活をしていく上で、女性はたくさん気を付けられていることと思います。

ですが、もしかしたら男性側に原因がある場合もあるんです。

昔は、不妊の原因は女性側によるものが大きいと言われてきましたが、最近の研究によって、不妊の原因が女性側と男性側で、半々くらいだという事がわかってきてるんです。
射精はできているけど、精液を調べてみると実はあまり精子がいなかった…という例も少なくありません。

今回は、妊活をしていく上での男性が気を付けるべき事や、精子の質をあげるためのポイントなどを紹介していきますね。

妊活男性が気をつけたいこと

不妊治療を行うのは女性側が行うことが多いですが、しっかり妊活をしていくには、もちろん男性側の協力も必要です。

多くの男性は「自分は大丈夫!」と思い、ご自身の精子の質について疑う方はあまりいないのではないでしょうか。
ですが、日々ストレスを抱えていたり暴飲暴食や不摂生などを繰り返していると、もちろん男性側の精子の質もどんどん落ちていってしまいますし、DNA損傷のある精子も増えてしまうんです。

妊活は二人で協力し合って成り立っていくものです。
女性1人が頑張るのではなく、共感し、一緒に寄り添うだけでも女性の精神的安定につながると私は思っています。

そして男性側もしっかりと自分を見つめ直し、精子の質をあげる努力を、是非してほしいと思います。

それでは、精子の質をあげるために大切なことを詳しくみていきましょう。

<スポンサーリンク>

妊活男性に必要な栄養素は?

精子の質を高めるには、日々の生活習慣の見直しが重要です。

特に普段の食事から摂取する栄養素が、良い精子を作りあげるのにとても大切なんです。
ですが、中には過剰に摂取しすぎるとあまり良くない栄養素もありますので、そちらについて詳しく紹介しますね。

・亜鉛

男性の妊活において、亜鉛が大事という事は耳にしたことがある方も多いのではないかと思います。
亜鉛は、特に精巣や前立腺に多く含まれている大切な栄養素です。
ですが、日々の食事で亜鉛は足りている場合が多く、サプリで補う必要もない事もわかってきています。
むしろ、過剰摂取をする事で、DNA損傷のある精子ができてしまう可能性もあるそうです。
ですので、大切な栄養素ではありますが、過剰に摂取をしすぎない様に注意しましょう。

・オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸であるDHAやEPAは、精子の数や運動率にとてもいい効果をもたらすといわれています。
普段の食事からは、魚やナッツなどから摂取できますよ。
サプリからの摂取もいいですが、なるべくなら食事面からオメガ3脂肪を摂取する事が好ましいので、積極的に魚やナッツを口にするといいですね。

・葉酸

葉酸は、女性は積極的に摂取した方がいいというのは良く耳にしますが、男性が摂取するというのは、あまり聞かないですよね。
ですが、実は男性側も積極的に摂取をすると、DNA損傷のある精子の数が減ったりなど、妊活に期待できる効果があるんです。
葉酸はレバーやほうれん草などに含まれますので、パートナー同士で積極的に摂取したいですね。

日々忙しい中、栄養素を考えて食事をするのは大変ではありますが妊活をする上でとても大切なことですので、無理の無い様に、また、過剰に摂取しない様に気を付けて行きましょう。

食事の見直しも大事ですが、普段の生活習慣の見直しもとても大切です。
こちらについても、詳しくみていきましょう。

妊活男性のタバコ・酒・コーヒーは大丈夫?

タバコやお酒など、毎日の日課になっている方も多いのではないでしょうか。

ですが、これらの摂取は、精子の質をさげてしまう要因の一つなんです。
それぞれの影響について、紹介していきますね。

・タバコ

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は、精子の質を悪くし、運動率や精子の数も減ってしまう悪影響があります。
また、DNA損傷のある精子の数が増えてしまうため、赤ちゃんができても先天異常や喘息・アトピー性皮膚炎などの発症が高くなってしまう事もわかっています。

・お酒

アルコールは、代謝をする際に酸化物質を出してしまうので、精子にとってはいいものではありません。
揚げ物を作る際に酸化した油で揚げてしまうと身体に良くない様に、タバコの一酸化炭素など、酸化したものの摂取は精子を傷つける可能性があります。
ですが、リラックスする程度の摂取であれば、そこまで影響はないと考えられますので、多量の摂取は控える様にしましょう。

・コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインも、精子の運動率をさげてしまいますので、過剰な摂取はよくありません。
適量の摂取であれば影響は少ないかと思いますので、1日1〜2杯くらいに留めておくといいですね。

普段からルーティーンの様に摂取する方も少なくないと思いますが、妊活を考えている間だけでも、なるべく精子によくないものは控えたいですよね。

体内へ摂取する栄養素などについてご紹介してきましたが、普段の生活を送る上でも注意すべき点がいくつかあります。
こちらについて、詳しくみていきましょう。

まだまだできるいろんなこと

精子は熱に弱いので、睾丸を温めてしまう様な行為はあまり良くないとされています。
一例としては、サウナ長風呂膝の上でのPC作業などです。
もちろん、サウナやお風呂に入ってはいけないという訳ではなく、長時間・高温など、過度な入浴はあまり良くないという事になります。

また、締め付けのキツイ下着を履き続けるのも、睾丸付近の温度が高くなってしまい、よくないとされていますので、注意が必要です。

また、禁欲した方がいいという話を聞いたことはありませんか?
精子は毎日新しく作られており、あまり溜め過ぎてしまうと精子の運動率が悪くなってしまうなど、いい効果は得られないとも言われていますので気を付けてくださいね。

普段の食事や生活習慣について、意外と男性ならではの注意点が多いんだなぁと思った方もいるのではないでしょうか。

妊活は卵子もそうですが、もちろん精子もとっても重要な役割を持っています。

なるべくなら質の良い精子を作って妊活に臨みたいところですので、パートナー同士で頑張って気を付けていきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、男性が精子の質を高めるために気を付けたいことについて、ご紹介しました。

・精子の質に大切な栄養素は、過剰摂取に気を付けて適度に取り入れましょう。
・精子の質を悪くしてしまう悪習慣はなるべく控えましょう。
・精子を温めたり、過度な禁欲は避けましょう。

妊活は、パートナー同士がお互い、身体の状態を認め合って協力して行うものです。

片方だけが気を付けるだけではなく、二人で協力しあって目標に向う事が大切になってきます。

あまり神経質になりすぎるのも良くありませんので、適度にしっかりと生活習慣を見直して、ストレスを感じ過ぎないように妊活に臨んでいきましょう。

 

妊活って?何から始めたらいい?赤ちゃんを意識しはじめた方へ

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました