妊活で双子の確率が上がる?双子妊娠はいつわかる?症状は?

妊活

妊娠して新しい命を授かるのは、とても喜ばしいこと。

なかでも、ふたつの命を授かる「双子妊娠」は珍しく、神秘的な現象です。

実は近年、双子の妊娠率が上がっていると言われています。

「双子を妊娠したらどうなるの?」
「双子になる割合はどれくらい?」

など、気になることも多いですよね。

そんな疑問を解決するべく、

・双子妊娠の概要、確率
・妊活と双子妊娠の関係
・双子はいつ分かるのか

などについてまとめています。

この記事はトータル妊活歴約5年(更新中)の妊活中の30代主婦が書いています。
専門家ではありませんのでご了承ください。
妊活中はいろいろなことが気になって仕方ないですよね。

わたしもいろいろ調べてしまうたちなので、自分のため、そして妊活中の同志のため、
このブログにまとめることにしました。
わたしの意見を押し付けるつもりはありません。
リラックスして読んでくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。

 

妊活で双子の確率が上がる?双子妊娠はいつわかる?症状は?

双子って可愛いですよね!

でもやっぱり・・・
可愛いだけじゃなく、大変な面もありますよね。
パートナーやご両親のサポートがないと厳しいという話も聞きます。

それでも双子が欲しい!という方も、いらっしゃるかもしれませんね。

まずは基本的なことから、双子について知っていきましょう!

そもそも双子とは?

双子とは、同時にふたりの赤ちゃんを妊娠することで、「双胎」とも呼ばれます。

みつご、よつごなども含めて、ふたり以上の妊娠を多胎妊娠とも呼びます。

双子は、大きく2種類に分けられます。

●一卵性

ひとつの受精卵がふたつに分かれて育つ。
胎盤や羊膜の数によって、さらに種類が分かれる。
まったく同じ遺伝子を持っているため、性別や血液型が一致し、見た目もよく似ている。

●二卵性

ふたつの受精卵がそれぞれ同時に育つ。
きょうだいを同時に妊娠したような状態であり、別々に受精しているため、性別や血液型は必ずしも一致しない。

 

双子妊娠では早産になりやすく、また、その他のリスクもあるため、設備の整った総合病院や、NICU(新生児集中治療室)のある病院などで出産するのが一般的です。

病院の方針にもよりますが、検診の回数が通常より多かったり、帝王切開での出産になることも多いです。

 

また、双子だと「妊娠出産や子育てにお金がかかりそう…」と思う方も多いでしょう。

しかし、健康保険から支給される「出産育児一時金」が倍になったり、
自治体によって、検診費用の助成を増やしてくれていたりなど、金銭面のサポートも用意されていますよ。

 

双子だと、通常とはまた違う妊娠・出産になりそうですね。

では実際、双子を妊娠する可能性はどれくらいあるのでしょうか。

<スポンサーリンク>

双子を妊娠する確率は?

双子である確率は、全体の出産のうち約1%。
100件のお産につき1件の割合です。

そのうち、一卵性双生児は約0.4%(1000件のうち4件)、二卵性双生児は約0.6%(1000件のうち6件)の割合で産まれます。

 

一卵性では発生確率の変動はありませんが、二卵性では、

・親族に双子がいる
・高齢出産(特に35歳以上)

などで双子になる確率が少し上がります。

 

また人種による違いも大きく、黒人種は双子になる確率が上がります。

確実に双子を授かるような方法はありませんが、遺伝や環境によっては双子になる確率が上がることもある、ということですね。

 

また、二卵性双生児については、ここ数十年で出生率が上がってきています。

実は、その理由には不妊治療の増加が関わっています。
なぜ、不妊治療をすると双子の確率が上がるのでしょうか。

妊活していたら双子の確率が上がる?!

妊活の中でも、病院で不妊治療を行なっている場合は、自然妊娠よりも双子の確率が上がることが分かっています。

その理由は、2つ。

●排卵誘発剤

疾患や体質により排卵が行われにくい場合(排卵障害)、排卵誘発剤を使って治療することがあります。
排卵誘発剤を使うことで、卵胞を成長させ、排卵を促すことができます。

ところが、排卵誘発剤の効き目によっては、同時に2つ以上の卵子を排卵させてしまうことがあります。
その2つともが受精した場合、二卵性の双子を授かることになります。

●体外受精

体外受精とは、女性の卵子を取り出し、精子と合わせて受精させてから、体内に戻す治療法です。

この治療法が広まった頃は、妊娠率を高めるために、一度に複数の受精卵を戻していました
2つ以上の受精卵がめでたく着床した場合は、双子(もしくは三つ子以上)になります。

ただ、この方法で多胎妊娠が増加したため、現在では原則1個の受精卵のみ戻すことが推奨されているようです。

 

「人口動態調査」によると、1960年の多胎出生率は1%でした。
その後に排卵誘発剤の治療や体外受精が行われるようになり、2000年以降の多胎出生率は約2%を推移しています。

不妊治療の進化によって、約2倍も双子が増えているのですね。

 

こうして見ると、これからの妊娠に向けて、授かるのが双子かどうか気になってきますよね。

もし双子だった場合、いつ判明するのでしょうか。

また、双子妊娠の兆候のようなものはあるのでしょうか?

双子を妊娠していたらいつわかる?症状は?

双子を確定できるのな産婦人科でのエコー検査ですが、判明のタイミングは、双子の種類によって少し異なります。

①胎嚢が2つに分かれているパターン
→一般的に胎嚢が確認できるようになる、妊娠5週後半〜6週ごろ

②1つの胎嚢に2人入っているパターン
→心拍が確認できるようになる、妊娠6週以降

まれではありますが、赤ちゃんの状態やエコーの具合によっては、さらに週数が進んでから双子だと分かることもあります。

 

また、エコーのような確定診断はできませんが、双子を妊娠したときに起こりやすい兆候もあるようです。

●妊娠検査薬の反応が薄い

妊娠検査薬は、妊娠したときに初めて分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンを検出しています。

双子妊娠では、通常よりもhCGの分泌増加が早くなる傾向にあります。
hCGの値が検査薬の上限を超えてしまうと、正しく反応せず、判定線が薄くなったり、陰性が出てしまうことがあるようです。

妊娠検査薬はドゥーテストとクリアブルーの人気が高いですね!
わたしは楽天お買い物マラソンの時にまとめ買いしてポイントもGETしてます♪

●つわり

双子妊娠では、つわりの症状が重くなったり、長引いたりする傾向があります。
これもhCGの急増が原因かと言われていますが、確実な根拠はありません。

ただ、単胎(ひとりの妊娠)・多胎(ふたり以上の妊娠)に関係なく、つわりの程度は個人差が大きいものです。
なかには双子妊娠でもつわりが軽かった人もいますし、「つわりが重いから双子かも」と考えるのは難しいかもしれません。

双子であることによる症状は、妊娠初期よりも中期以降に出やすいようです(お腹の張り、胃の圧迫感、腰痛など)。

 

双子かどうかは、事前に気づくことは難しそうですね。
病院でエコーをしてもらうまでのお楽しみですね。

<スポンサーリンク>

まとめ

双子の妊娠については、

・一卵性と二卵性の2種類がある
・100件につき1件の割合で産まれる
・不妊治療によって双子の確率が少し上がる
・双子かどうかは、初期のエコーで判明する

ということが分かりましたね。

なかには、「双子ちゃんを授かりたい!」と思っている方もいるかもしれません。

双子は偶然の産物なので、確実に授かる方法はありません。
ただ、ネット上には「双子を授かるジンクス」なども流れています。

いずれもあくまでジンクスですが、「乳製品を摂る」「葉酸サプリを飲む」など、そもそも妊活に有効なものもあります。

あくまで「もしも双子だったら嬉しいな」という気持ちで、授かるのを待ってみてもいいかもしれませんね。

 

 

せっかくだったら効率よくタイミング取りたいですよね!
当ブログ人気No.1の記事です!

妊活中のタイミングは353の法則で!そもそも353って?
腸内環境が妊活にも影響するって知っていましたか?!
妊活と腸活、腸内環境を改善したら妊娠しやすくなる?!
日々の疲れなどで頻繁にタイミングを取るのが難しい方にオススメの妊活方法です。
タイミング法と並行して行われるといいと思います♪
シリンジ法で妊娠?!やり方やコツは?キットがあるの?
<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました