妊活中に食べてはいけないものとは?!すぐに見直して欲しい3選!

妊活

妊活中は、食事にも気を遣うもの。

葉酸やビタミンEなど、「摂取したほうがいいもの」は有名ですし、取り入れている方も多いでしょう。

でも、「摂取しないほうがいいもの」は意外と知られていません。

もしかすると、毎日何気なく食べているものが妊娠を妨げているのかも…。

妊活中に食べるのを避けるべき食品は複数ありますが、
そのうち、

・トランス脂肪酸
・白砂糖
・添加物

について解説していきます。

正しい知識を得て、より効率的な妊活を目指しましょう!

妊活中に食べてはいけないものとは?!

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは脂質(あぶら)の一種で、主に人工的に作られた固形油脂です。

本来は液体の油脂に「水素添加」などを行って固形にすることで、扱いやすく、日持ちしやすくなり、バター等の代用品として多く使われてきました。

トランス脂肪酸は、摂りすぎると女性ホルモンのバランスを崩し、排卵障害の原因になると言われています。

排卵がうまくいかなければ、受精→着床にも至らず妊娠できないということになってしまいます。

また、子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)など不妊原因となる疾患にかかりやすくなったり、
体内の活性酸素が増えて老化の原因(=卵子の質の低下)につながるとされています。

トランス脂肪酸は、マーガリンやショートニングに多く含まれています。

このショートニングは、
・菓子パンや食パン
・クッキーなどの菓子類
・ファストフード
・インスタント麺
など様々な食品に使われているため、市販の加工食品や甘いものを食べることが多い人は、要注意です。

 

油脂については、「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるものが妊娠率を高めると言われておりオススメです。
EPA・DHAを多く含む青魚や、くるみなどのナッツ類から摂取できるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

油については▶︎こちらに詳しく書いてあります。
今まで油なんて気にもしていなかった!という方も多いかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。

まずは脂質(あぶら)から見ていきましたが、トランス脂肪酸はあらゆる食品に含まれており、注意が必要ですね。

では、同じく摂取することの多い、糖質(砂糖)についてはどうでしょうか。

次は、妊活における白砂糖のデメリットについてお伝えします。

<スポンサーリンク>

白砂糖

白砂糖とは一般的に「上白糖」「グラニュー糖」のことで、日頃の料理やお菓子作りに広く使われています。

白砂糖は、精製度の高い砂糖。
原料であるサトウキビの絞り汁をくり返し精製・ろ過し、ビタミンやミネラルが取り除かれたものです。

白砂糖の妊活におけるデメリットは、主に3つ。

①血流が悪くなる

体内で糖分を分解するのには、ビタミンB類やカルシウムが必要ですが、精製された白砂糖はこれらが取り除かれています。
つまり、体内にあるビタミン類が使われてしまい、繰り返すとビタミン不足になります。

ビタミンB類は造血作用もあるので、不足すると貧血になります。
子宮や卵巣に血液が不足すると、機能が低下し、排卵・受精・着床がうまくいきにくくなります。

②体を冷やす

原料のサトウキビは、沖縄など暑い地域で作られています。
基本的に、暑い地域の食材は体の熱を取る作用があり、体の冷えにつながります。

妊活に冷えは大敵です。
特にお腹が冷えると、子宮・卵巣の機能が低下し、血流も悪くなり、妊娠しづらくなってしまいます。

③血糖値を急上昇・急降下させる

白砂糖を摂取すると血糖値が急上昇します。
血糖値が上がると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、今度は血糖値を急降下させます。

この血糖値の急激な上昇・下降を繰り返すと、卵巣機能の低下など不妊につながりやすくなります。
また、体外受精の成功率も低下すると言われています。

 

以上が妊活におけるデメリットですが、食生活から砂糖を完全排除するのは難しいですよね。

では、どのような砂糖がよいのでしょうか。

ポイントは、「精製されていない砂糖(=白くない砂糖)」です。

「黒砂糖」「きび砂糖」などは精製度が低く、原料の色が残り茶色っぽくなっています。

これらにはビタミンやミネラル類もそのまま含まれているので、ビタミン不足や血流不足につながりません。

 

また、「てんさい糖」もおすすめです。
原料のてんさい(ビーツ)は北海道で作られており、寒い地域のものは体を温める作用があります。

わたしはこのてんさい糖を使っています。
パッケージに「おなかにうれしい」と書かれていますが、てんさい糖にはオリゴ糖が含まれています。
腸活を期待して、てんさい糖を選びました。

この腸活も妊活のためなんですよ。
妊活と腸活、腸内環境を改善したら妊娠しやすくなる?!

 

砂糖は毎日使うものだからこそ、妊活への効果も期待できます。
きび砂糖やてんさい糖など、体に優しいものに置き換えてみてはいかがでしょうか。

茶色の砂糖といえば「三温糖」をよく見かけるかもしれません。
ですが、こちらは精製されているものであり、白砂糖の仲間です。
つい間違えてしまいそうですが注意が必要です。

 

砂糖をはじめ、調味料について▶︎こちらで詳しく紹介しています。
全ての食材をいきなり変えることは金銭的にも不可能に近いですよね。
まずは毎日使う調味料から見直してはいかがでしょうか?

 

ここまで、油や砂糖など、目に見えやすいものについて見てきました。

では、目に見えないものとして、市販品や加工食品に多い「添加物」はどうでしょうか。

体に悪いイメージもありますが、妊活におけるデメリットを見ていきましょう。

添加物

妊活中は添加物や農薬を避けたほうがいい、とよく言われています。

なかでも「合成添加物」「人工甘味料」と呼ばれるもの(アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム等)は、もともと自然界に存在しないもの。

自然のものでない分、体内での消化や解毒に時間がかかると言われており、消化・解毒を担う胃腸・肝臓や体内酵素に負担がかかると指摘されています。

 

そうして体に負担がかかると、妊活にも通ずる様々な不調につながります。

・自律神経が乱れ、交感神経が優位になりやすくなる
・腸内環境が悪化する
・活性酸素が増え、老化が進む

これらは、女性ホルモンのバランスが崩れ、子宮・卵巣の機能が低下したり、卵子の質の低下につながるおそれがあります。

 

添加物の摂りすぎはほかにも、

・流産、死産の確立が上がる
・精子の数や運動率を下げる
・胎児の染色体異常が起こりやすくなる

とも言われています。

 

添加物は市販品に広く使われていますが、なかでも「カロリーゼロ」「ノンシュガー」などとうたわれている商品には要注意。

砂糖以外のもので甘みを付けるために、人工甘味料が多く使われています。

 

また、加工食品やインスタント麺にもよく使われているので、これらの食べ過ぎには注意しましょう。

ここまで要注意な成分について見てきましたが、これらは意外と多くの食品に使われています。

現代の食生活から完全に排除することは可能なのでしょうか。

次は、食生活でのうまい付き合い方について考えていきましょう。

大事なのはうまく付き合うこと

トランス脂肪酸や添加物は、あらゆる市販食品や加工食品に使われています。

避けるためには、市販品に頼らずすべて自炊することが必要ですが、忙しい毎日でそれを完璧にこなすのは難しいですよね。

白砂糖も、きび砂糖やてんさい糖に替えることはできますが、割高のため継続が難しい…と思う方もいるでしょう。

 

でも、妊活では食生活以前に大事なことがあります。
それは「ストレスを溜めない」こと。

 

ストレスは、ホルモンバランスを崩したり、活性酸素を増やして卵子の質を低下させたりと、食品以上に影響力を持っています。

添加物等を排除しようとしてストレスを溜めるくらいなら、「しんどい日だけ加工食品に頼る」など、手を抜く日も作ってOK。

一気にやろうとせず、「ジュースやお菓子を少し減らす」など、ほんの少しの意識で変えていけます。

正しい知識を持っていれば、加工食品等に頼りすぎてしまうこともありません。

うまくバランスを取りながら、自分らしく、付き合っていきましょう。

<スポンサーリンク>

まとめ

トランス脂肪酸、白砂糖、添加物…
それぞれの妊活におけるデメリットが分かりましたね。

これらは妊活に限らず、健康そのものへの悪影響も指摘されています。
(例えば、トランス脂肪酸は悪玉コレステロール増やし動脈硬化につながる、など)

これらを避けるに越したことはありませんが、肝心なのはうまく付き合っていくこと。

ストレスを溜めない範囲で、食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

また、妊活は食生活だけで向上させられるものではありません。

ストレスを溜めないことのほか、良質な睡眠をとる、身体を冷やさないようにするなど、
生活習慣を整えることで相乗効果が見込まれます。

規則正しい生活で、さらなる妊活力アップを目指しましょう!

 

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました