妊活中のダイエットはどんなことをすれば良い?方法や注意点

妊活

多くの女性の永遠のテーマであるダイエット・・・。

ダイエットにも様々な方法がありますよね!

しかし、妊活中だと食事制限や運動はどれくらいやっていいか悩むことも多いと思います。

今日は、妊活中のダイエットのゴール(適正体重)や、おすすめのダイエット方法などをご紹介していきます!

一緒に健康で美しいお母さんになりましょう!

妊娠しやすい適正体重は?

妊娠しやすい体重とは、どれくらいなのでしょうか。

BMIという言葉をお聞きになったことはありますか?
これは、体重と身長から算出される肥満度を表す体格指数です。

妊娠しやすい体重は、BMIが22前後であると言われています。

BMIを求める計算式
体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

この計算式で現在のご自身のBMIが計算できます。

また、例えば身長160cmの方がBMI22になる体重を計算してみます。
X(kg)÷(1,6(m)×1,6(m))=22
X=56.32kg

身長160cmの方の適正体重はおおよそ56kg前後ということになります。

 

BMIが18.5未満だと低体重、25以上だと肥満とされています。

 

妊娠するためには太りすぎが良くないことは、よく知られているかもしれません。
でも痩せすぎも良くないこともご存知でしたか?

それぞれ、なぜ良くないのでしょうか?

まず、太りすぎの場合ですが、糖代謝異常または脂質代謝異常によって無排卵になる可能性があります。

その結果、排卵が起こらなくなる多嚢胞性卵巣になりやすいので注意が必要です。

また、妊娠後も妊娠糖尿病、巨大児分娩、帝王切開分娩、妊娠高血圧症候群のリスクが高まります。

 

次に、痩せすぎの場合ですが、体にとって栄養やエネルギーが不足している方は、卵巣の機能が停止してしまい、排卵が止まったり生理不順になる恐れがあります。

また、子宮内膜症になる可能性も高まると言われています。

そして妊娠後は、低出生体重児分娩、切迫流産、切迫早産のリスクが高まります。

 

なんだかリスクばかりで恐ろしいですね・・・。
もちろんBMIが22前後でなくても妊娠されている方や、問題なく出産されている方も多くいます。
しかし、こういった可能性もあるから、体重管理頑張ろう!と思っていただけたら嬉しいです!

 

今回の記事ではダイエットについて、みていきますね。

まずは食事について、どのように工夫すればいいのでしょうか?

<スポンサーリンク>

妊活中のダイエット方法〜食べ物〜

妊活中のダイエットで大切なのは、栄養バランスの良い食生活をおくることです。

食事制限をすると体重には効果が出やすいですが、赤ちゃんを授かるためのダイエットであることを忘れずに取り組みましょう!

 

すぐに始められる妊活ダイエットのポイントが3つあります。

1、調理方法を変えてみる。
揚げたり炒めたりするよりも、蒸したり焼いたりしたほうが低カロリーになります。

2、食べる順番を変えてみる。
ご飯やメインのお肉などからではなく、サラダや汁物から食べ始めることで、血糖値の急上昇を抑えられます。

3、よく噛む。
しっかり咀嚼することで満腹感を得られます。

その他、添加物を避けたり、色が濃い緑黄色野菜やビタミン豊富な果物、良質なタンパク質などバランスの良い食事を心がけてみましょう。

 

普段食べているものが私たちの体を作り、将来の我が子の体を作るのですね・・・。
そう考えると、子育ては妊活中から始まっているのかもしれません!

続いて、運動はどのようなものが適しているのでしょうか?

妊活中のダイエット方法〜運動〜

妊活中のダイエットで大切なのは、無理のない軽めの運動です。
おすすめの運動を3つ紹介しますね。

1、ストレッチ
お風呂上がりなどの体が温まっているタイミングで行うと効果的です。
好きな音楽を聞いたり、アロマを焚いたりしながらリラックスして行うとストレス発散にもなりますね。

2、ヨガ
自律神経を整え、ホルモンバランスが正常化することが期待されます。
スポーツジムなどで妊活向けのヨガを行なっていることもあるほど、ヨガは妊活にぴったりの運動です。

3、ウォーキング
毎日30分以上行うことがおすすめです。
なるべく腕を大きく振って、大股で歩きましょう。
なかなか時間が取れない方は、通勤の際に一駅分歩くなど、普段の生活に組み込めるといいですね。

特にミトコンウォークというウォーキング方法がオススメですよ。
聞きなれないかもしれませんが、妊活に嬉しい効果が期待できます♡
やり方も簡単です!
こちらに詳しく書いてありますので是非☆

▶︎妊活にミトコンドリアがいい?卵子が質が上がるって?!

 

運動は無理せず楽しく行いましょう!
継続は力なりと言いますし、長く続けられるように、ご自身のペースで行っていけると良いですね。

運動で適正体重を目指すだけではなく、適切な運動をすることで妊娠力をアップさせられるんです!
そのことについてはこちらの記事で書いています。
▶︎妊活中の運動のおすすめは?何をどれくらいすれば効果的?

 

ただ、闇雲にダイエットするだけでなく、気をつけなければいけない点もいくつかあります。

気をつけること

それは、ダイエットのゴールはただ痩せることではなく、赤ちゃんを授かり、無事に出産することだということです。

食事を抜いたり、低カロリーなものしか食べないと、体重は単純に減るかもしれませんが、それでは必要な栄養素を摂取することができません。

また、激しい運動は活性酸素を作り出し、その結果卵子を老化させてしまう可能性があります。

過度なダイエットはホルモンバランスが崩れて生理が止まってしまうこともあります。

妊娠するために始めたダイエットなのに、逆効果になってしまったら悲しいですよね・・・。

無理をせず、月に1〜2kgのペースでダイエットできるといいですね!

 

妊活にストレスは大敵だと何回も言っていますが、ダイエットについてもそうです。

「痩せないと妊娠できない!」
「バランスの良い食事を毎食作らないと!」
「毎日運動しないと!」

このように自分を追い込んでしまうことは良くありません。

完璧にしようとせず、できることから少しずつ、たまにはお休みもしつつ、「楽しみながら」を意識しましょう♪

 

<スポンサーリンク>

まとめ

妊活中のダイエットは、ただ体重を落とせば良いというものではなく、妊娠しやすい体を作ることが大切でした!
それでは、本日のまとめです!

・妊娠しやすいBMIは22前後。太り過ぎも痩せすぎも妊娠し辛く、出産のリスクが高まる。
・妊活中ダイエットの食事で大切なのは、栄養バランスの良い食生活をおくること。
・妊活中ダイエットの運動で大切なのは、無理のない軽めの運動。
・過度なダイエットはホルモンバランスが崩れ、逆効果になってしまうこともある。

何よりもストレスは大敵ですから、無理せずゆっくりとした気持ちで取り組み、健康で美しいお母さんになりましょう!

 

 

どうせなら効率よくタイミング取りたいですよね。
こちらの記事もチェックしてみてください!
妊活中のタイミングは353の法則で!そもそも353って?
腸内環境が妊活にも影響するって知っていましたか?!
妊活と腸活、腸内環境を改善したら妊娠しやすくなる?!
<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました